意外と知らない雨漏りのこと

住宅の「雨漏り」についてご存じですか?

一度でも雨漏りが起こり、雨染みが残ってしまうと、見栄えが悪いばかりでなく、梁や柱などを腐食させ、建物の強度を低下させる可能性があります。「たかが雨漏り」と思っているかもしれませんが、お住まいに深刻なダメージを与えている可能性もありますので、雨漏りを発見したら業者さんに一度見てもらい、早目にメンテナンスをしてもらうことで、腐食の進度を止めることができます。

「雨漏りの状態」と「雨漏りの原因」、「雨漏りによってどんな被害が起こる可能性があるのか」を具体的に見ていきましょう。

 

雨漏りの状態

下記のような状態の時は、雨漏りを疑ってみましょう。

  • 天井や壁に雨染みがある。雨漏り
  • 強雨時にポタポタ音がする。天井裏を伝って雨が上から垂れてくる(天井や壁のシミは、屋根裏をつたって部屋まで届いているわけですから、かなり雨漏りが進行していることを表しています)
  • 雨降りの後は、カビ臭い感じがする。湿気が多く、ジメジメしている(これは建物の構造内部が腐食している可能性があります)

 

雨漏りの原因

雨漏りの原因には、さまざまな理由が考えられます。漏水の理由として

  • 棟板金の釘が浮いていたり、抜けていたりすると台風などの強風時には、飛散しやすくなり、棟板金が剥がれたり、飛散する(釘浮きや抜けの原因としては、貫板などの腐食などが考えられます)
  • 屋根材の割れや破損、コーキングの剥がれ、瓦の割れやズレ
  • 漆喰の劣化(瓦屋根)
  • 金属のサビ(金属屋根)
  • 天窓からの雨漏り(コーキングの剥がれ等)
  • 屋根塗装時の縁切り不足や、ソーラーパネル設置業者による屋根の知識不足などによる施工不良

などが考えられます。また、雨漏りがするからといってすべての原因が屋根ばかりとは限りません。

  • 外壁とバルコニーなどの取り合い付近からくる雨漏り
  • バルコニーやベランダの防水機能切れによる雨漏り

なども考えられます。

 

原因が何であれ、目に見えて「雨漏り」が確認できるということは、家屋に何かしらの悪影響をすでにもたらしている可能性が高いと思ってよいでしょう。

一度でも雨漏りが起こると、内部に湿気が溜まり、カビが発生しやすい環境となります。今の住宅は高気密・高断熱なため、昔の住宅と比べると、湿気が抜けにくい構造になっています。壁や天井など、カビが生える心当たりがないにもかかわらず、カビを見つけた場合には、「雨漏り」を疑ってみましょう。

雨漏りが原因で木造の梁や柱部分が腐り、耐久性(家の寿命)が短くなり、また長く放置すると、シロアリが発生する原因にもなるので、注意が必要です。

雨漏りによる傷み、その上シロアリが発生したとなるとお住まいのダメージは相当なものになります。阪神・淡路大震災で倒壊してしまったお住まいの大半はシロアリの被害を受けていたという話もあります。雨漏りなどの屋根工事はやはりできるだけ迅速に対応してほしいものですよね。頼むとなるとやはり地元の業者でしょう。横浜やその周辺地域ですぐにかけつけてくれるのがhttp://www.yaneyasan14.net/です。点検も無料で行っているそうなので、まずは相談してみましょう

 

また、雨漏りがもたらす健康被害をご存知ですか?

雨が浸透する通り道になっていたり、湿気によるカビの発生などがあると、シックハウス症候群やアレルギー症状の原因ともなります。健康被害にあってしまうと、健康な状態に回復するまでに時間を要することもありますので、そうならないためにも、早期発見、早期処置をオススメします。