自分で行える雨漏り対策

 自宅でいきなり雨漏りがした場合には、とりあえず早急に応急処置をしなければ自宅内が水浸しになってしまいますので、その応急処置の仕方を知っておけば業者に補修を依頼するまでの時間を稼ぐことができます。雨漏り対策は時間との勝負になります。雨漏りをそのまま放置してしまうと自宅内にカビが生えたり屋根がさらに悪化して補修する工事費がよりかかってしまうため、そうならないように応急処置を一刻も早くする必要があります。
それには、これ以上雨漏りが自宅内で起きないように屋根をブルーシートで覆うことが重要です。これがもっとも有効な雨漏り対策です。屋根のどの部分が破損して雨漏りが発生しているのか特定すれば広範囲にブルシートを覆う必要がないと考える方もいらっしゃいますが、雨漏りがしている箇所を瞬時に特定するのはプロの業者でも中々難しいので、素人ではなおさら難しいです。ですから、広範囲を終えるブルーシートが役立ちます。これならば屋根全体を覆うことができますので、雨漏り対策としては有効ですし、素人でも可能です。
ただし、その際にブルシートが風で飛ばされないようしっかりとテープや砂利を詰めた土嚢袋で固定するようにするのがポイントです。ロープや紐などで固定してしまうと屋根を傷付けてしまって余計に悪化する恐れがありますのでそれらを使って固定するのは避けるべきです。